土地区画整理保留地減歩率負担ある土地分筆売買の相談は三学不動産へ:宅建業

新しく区画整理事業が行われ、綺麗になった街路・宅地が広がる地域であっても、その宅地所有者による土地を維持するためだけの金銭的な負担や体力の限界により土地の一部を分筆のうえで売買し、他の地域から新しい家族が移り住むケースが増えています。土地区画整理事業により保留地減歩率の負担が含まれている宅地であっても、負担のあり方及び制限を明確にしたうえ、土地を分筆した売買取引も可能です。

「未分類」の記事一覧